にしむら犬猫病院 - nishimura animal hospital - 一般診療から循環器、歯科、椎間板ヘルニアなどの専門医療までホームドクターとして幅の広い動物医療を提供していきます。 にしむら犬猫病院 - nishimura animal hospital - 一般診療から循環器、歯科、椎間板ヘルニアなどの専門医療までホームドクターとして幅の広い動物医療を提供していきます。 にしむら犬猫病院 - nishimura animal hospital - 一般診療から循環器、歯科、椎間板ヘルニアなどの専門医療までホームドクターとして幅の広い動物医療を提供していきます。 にしむら犬猫病院 - nishimura animal hospital - 一般診療から循環器、歯科、椎間板ヘルニアなどの専門医療までホームドクターとして幅の広い動物医療を提供していきます。 にしむら犬猫病院 - nishimura animal hospital - 一般診療から循環器、歯科、椎間板ヘルニアなどの専門医療までホームドクターとして幅の広い動物医療を提供していきます。

にしむら犬猫病院の理念・方針について

にしむら犬猫病院の診療科目・手術歴について

にしむら犬猫病院の院内設備について

ホーム | 理念・方針

理念・方針
物言えぬ動物達の心を代弁し、“医療に特化した病院”でありたい
情報社会である今日、社会には様々な情報が飛び交っています。その中で私たちにしか出来ないこと・・・ それは、確かな動物医療を提供することです。
にしむら犬猫病院のロゴマークに込めた想い - にしむら犬猫病院のロゴマークは、「なぜ、形の変わった月が?」と多くの飼主様から聞かれます。実は、月のように見える物はハートマークを横にして中を切り抜いたものです。動物たちのハート(=こころ・心臓)の中を覗き(=話せない動物の気持ち・検査)ながら寄り添って、一緒に治療していきますという意味を込めて作成しました。

私は、幸いなことに、さまざまな動物医療環境で働く事ができました。名高い老舗の病院から経験豊富な志の高い病院、研究や最新の情報にあふれた大学病院、医療の最先端を目のあたりにできる海外研修・・・。そこで経験した事により、判断力、技術力、迅速力、様々な事を得、現在があります。
その中で感じた一番大切な事は、動物達が取り残されたまま、治療が決定されていくということがあってはならないという事です。求めている目標は、同じですが、道の選択を誤ってしまうと、家族皆が大きな後悔を招いてしまいます。そこで物言えぬ動物達の心を代弁し、動物の状態、病態、動向を迅速に把握し、飼い主様の御希望のバランスを取りながら理解を深め、治療の選択をし、皆様と共に歩んでいく方針をとっております。

当院は、3人の獣医師が常勤しております。皆様は、診察室で、一人の獣医師にしか会わないかもしれません。しかし、常に診察室の奥の処置室ではスタッフ全員がその子の性格、状況を把握し、我が子のように愛情を注ぎながら、常に最善の治療や方向性を議論しております。
当院では、常に共通認識を持ちあい迅速に対応できる環境を整えております。また、今までに培ってきた知識・技術だけでなく、日々進歩する動物医療を積極的に学ぶため、学会や研修に参加しております。

当院のスタッフは、愛情、責任感、追求心、探究心、バイタリティにあふれており、チーム一丸となって、動物達にとって、飼主様にとって最善の治療を施しております。これこそが当院の強みです。どうぞ温かい気持ちで安心して御来院下さい。(2015.12)

ページトップへ戻る